2016年05月31日

ベタのより良い鑑賞法は?~その六~

 コレクションケースのドレスアップ 
  照明編  ~其の弐~  


今日で照明を完成させたいと思います

いこれまで色々と試行錯誤してきましたが、とりあえず今日でショーベタコレクションケースに合う照明灯を完成させます
完成度は、また後々にあげるとして。。。

ベースとなる6LEDコンパクトバーライト ブラックの長さが足りない部分の補完素材として、ゴムホースとスポンジカバーを用意しました。

そのどちらの素材にも一長一短があります。
ゴムホースは、耐水性には強いが安定性がない(滑る・回る)。
一方、スポンジカバーは、安定性はある(滑らない)が、耐久性(劣化)に問題がある。

この2点を踏まえて、LEDコンパクトバーライトの延長部品を作ってみました。

グッズ_0957まずは、それぞれの素材を6cmほどに2個ずつカットしました。

するとゴムホースの方は、曲がってしまって使い物になりませんでした

しかし、スポンジカバーは写真の様にイイ感じにカットが出来ましたので、こちらを延長素材として採用することにしました。
※元は21cmあったので、まだ予備に9cmほどが残っています。

では、早速この延長素材をLEDコンパクトバーライトに取り付けてみます。

グッズ_0959するとこんな感じに出来上がりました

これだけを見ると光る突っ張り棒の様な感じですね。

LEDコンパクトバーライトとのフィット感もバッチリで、差し込み具合によって長さも調整できます。
ゴムホースだと差し込み具合で、この長さ調整が出来ません

それにゴムホースの外径が約23mmに対して、スポンジカバーの外径は約33mmと程よい太さがあります。

照明_0993水槽の載せるとこんな感じになりました。

中央部分にLED光が集まるような感じですね。
いたしかたない。。。。
フィット感はちょうど良い感じに出来たと思います

照明_0996水槽単体で見るとこんな感じになります。

左上方から光が差し込むような状態です

帰蝶♀ちゃんも何事かと偵察にやってきました

余談ですが、水槽に光を当てると水中に色んなゴミが浮遊してるのが浮き彫りになります
換水しなければ

照明_0984部屋の照明を消して見るとこんな感じになります

左側の水槽には水が入っていないのでマットブラックの良さが出てますが、右側の水槽にはブラックウォーターが入っているので黄色味がかってみえますね。

照明_0989アップにしてみるとこんな感じです。

斜めら差し込む光も悪くないですよね

水温計がちょっと邪魔なので場所移動させようと思います。


一応、これで照明の作業が完了ということにして、次回はもう少し水槽自体に飾りを付けたいと思います。

それに換水とPSBを入れて、水のクリア度をあげなければ

次回へ続く。。。 前回はこちら。。。


↓こちらをポチッとクリック投票をお願いします↓

↓こちらもポチッとクリック投票をお願いします↓
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村 観賞魚ブログ 熱帯魚へ



ankhbetta at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)ベタ鑑賞法 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
BLOG RANKING
にほんブログ村