2016年07月23日

鯉ベタ繁殖法 ~産卵編~

 鯉ベタの産卵はお見合い前に決まる。 


はじめに、この鯉ベタ繁殖法は、初心者でも出来るということを前提としております。


ベタが産卵するまでの過程には、「お見合い」、「交尾」、「産卵」という3段階があります。
まずこれをご理解ください。

ここで問題なのは、お見合いです。

ベタの繁殖を紹介しているHPはたくさんありますが、当ブログの「鯉ベタ繁殖法」ではちょっとニュアンスが違います。

当ブログの「お見合い(相性)」とは、オスとメスが互いに相手に慣れてるか?慣れてないか?と解釈しています。

要はお見合いとは「慣れの確認」なのです。

このお見合い(慣れの確認)は、初心者でも容易に出来るのでご安心ください☆彡

d(@^∇゚)/ファイトッ♪



・*:.。..。.:*・
゜゚
*
お見合い準備*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

・ お見合いの準備をする。
お見合いにも準備があるのか っと面倒に思うかもしれませんが、結果的に楽に成功率が高い産卵・繁殖へと繋げることが出来ます

その準備も超~簡単です
ベタは単独飼育ですから、繁殖をさせたいペアのコレクションケースを毎日2~3時間近づけるだけOKです。
これでお互いを慣れさせるワケです。

ヾ(〃^∇^)ノ超~カンタン♪

ゆえにベタ飼育では、「水作 ショーベタ コレクションケースМ」が便利なのです。
直角の長方形でコレクションケースを並べやすいのです。
このお見合い準備(お互いを慣れさせる)を3~4日もすれば、大概はお見合いが成功します

簡単過ぎて、このブログを見たことすら無駄に感じますよ。

水作 コレクションケースM 安く買いたい方は本店へ 価格972円(税込・送料別)

楽天ポイントが欲しい・使いたい方は楽天支店へ 価格1,000円(税込・送料別)

どちらも商品購入でポイントが貯まります。
ちなみに小生はいつも本店で購入しています。(単に小生が楽天嫌いというのもありますが。。。)


・オスを繁殖用水槽に放流する。
一足早くオスだけを繁殖用水槽に放流します。
オスは水槽を隅から隅まで確認をして、自分の縄張りと理解します。
この時フィルターの電源をOFFにしてください。
水流があるといつまでたっても泡巣を作らなかったりします。



・*:.。..。.:*・
゜゚
*
お見合い*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

・お見合いをする。
実質的にこの時点で慣れの確認は済んでいます。
あとは父親魚が産卵床となる泡巣をちゃんと作っているかです。

お見合い容器 ベタに少子高齢化ありません。
ベタの寿命は2~3年で、その間に子孫を残すという本能しかない、魚類だと再認識しましょう。

お見合い自体は、このような2Lくらいのペットボトルをカットした透明の容器(お見合いBOX)に飼育水ごとメスを入れ、繁殖用水槽に入れればOKです

初心者でも出来る極めて簡単な方法です

お見合1_0763 そこにオスが必ず寄ってきます。

お互いに離れたり、近寄ったりと少々興奮状態になります。
これは環境への適応をしていると理解してください。

あくまで、種の存続を本能とする魚類なのです。

※給餌は、このお見合いまでで放流後は給餌しないように。



・*:.。..。.:*・
゜゚
*
感動の交尾・産卵*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

・泡巣がちゃんと出来れば放流する。
オスは浮草やマジックリーフなどに泡巣を作ります。
この泡巣がちゃんと4cm四方以上の大きさに出来ていれば、メスを水槽内へ放流してOKです

よく見るHPにメスに縦縞が出れば、繁殖水槽に放流するなどと紹介されていますが、そんなことは気にする必要はありません。
第一、メスの模様によっては、縦縞が出ているかどうかわからないような個体もいますしね。。。

放流後、オスがメスの追いかけたり、メスが泡巣を確認したりします。
万一、いつまでもメスがオスから逃げるようであれば、メスを一度お見合いBOXへ戻してください。
2~3日後に再度放流するという感じです。
稀にどうしても上手くいかない場合はペアリングを変えるか、1週間後くらいに再度お見合いさせるかなどの必要があります。


・数時間に渡る交尾と産卵 。
大体、2時間位の間、交尾と産卵を繰り返します。

交尾 オスがメスに巻き付くように交尾します。
その間に卵は受精して、産卵されます。
一回の交尾・産卵でおおよそ20個ほどの卵を産み落とします。
そして、産み落とされた卵をオスは口で拾い集めて、泡巣へ着床させます。
産卵直後のメスは、一時放心状態のようになりますが、すぐに我に戻りオスと共に卵を拾い集めるようになります。

卵集め_1247 そして、おおよそ卵を拾い集めると、再び交尾・産卵を繰り返します。
この行為を2時間の間に何十回も繰り返します。
なので、一度の交尾・産卵で200個以上の卵を産卵することになります。

この産卵シーンは、とても感動的で繁殖をして良かったと実感できる瞬間です。

すべての産卵を終えるとメスはオスから逃げるようになります。
これでベタの交尾・産卵は終了となりますので、このタイミングを逃さないように観察する必要があります。
交尾・産卵が終われば、速やかにメスを繁殖用水槽から掬い出して、元のコレクションケースに戻してあげてください。


・卵と稚魚の管理。
卵と孵化した稚魚の世話はオスが行います。
泡巣からポロポロと落ちる卵や稚魚をオスは上手に口でキャッチして、泡巣に戻します。
卵が孵化をし始めるのが2日後くらいからです。
孵化後の稚魚は2mmほどの小さなおたまじゃくしのようです。
オスの育児期間は、産卵日から約7日~10日間です。
この間、オスは不眠不休で餌も食べずに育児をします。
※オスに給餌はしないように!
稚魚が自分で泳ぎ出す7日後くらいでオスの役目は終わりです。
オスを元のコレクションケースに戻して休養させてあげてください。
※この時、まだ繁殖用水槽のフィルターを稼働させないように注意ください。


次回は、稚魚の飼育法についてご紹介します。

前回の「鯉ベタ繁殖法 ~準備編~」はこちらです。


(^0^)/~~to be continue!


↓どれか一つでもクリック応援をお願いします↓




ankhbetta at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)鯉ベタ繁殖法 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
BLOG RANKING
にほんブログ村