日本庭園

2016年06月29日

ベタが観賞魚というのを忘れてました(;'∀')

 ベタちゃんの本来の姿を楽しもう♪ 


鯉ベタの飼育を始めて、いまごろ気づきましたが鯉ベタの繁殖に夢中となるあまり、本来の観賞魚としてどう鑑賞するかがおろそかになっておりました ( ̄_ ̄ i)タラー

では、鯉ベタを鑑賞するのはどんな水槽にすればよいのか?

チャームさんで紹介されているのがこちら。。。

チャーム001

またはこんなのも。。。

チャーム002

はたまた、ウィローモスと流木で作ったこんなのも。。。

チャーム003

どれも素晴らしく綺麗な水槽ですが、鯉ベタには似合わないと思うのですよ。。。


やはり、イメージは日本庭園の池で泳ぐ錦鯉 

それを水槽内でどうやって表現するか?

わびさび文化をどう表現するか?


これまで別の趣味でもある寺社仏閣めぐりで、素晴らしい庭園や庭園の情景を絶妙に取り入れる日本建築・内装の匠さに感嘆してきました。


そんなことを水槽で表現出来ないものかと。。。

 (ーー;).。oO(想像中)


京都の名庭園といえば、龍安寺の石庭。oO(想像中)

龍安寺 石庭

枯山水の傑作であり、完成でありながら未完成を表現し、いまもなお謎のある名庭。


また、建仁寺の潮音庭。oO(想像中)

建仁寺 潮音庭

広間から見る庭は日本画そのものでわびさびの極みのような情景。


名勝庭園とされる清水寺の月の庭。oO(想像中)

清水寺 月の庭

月の庭は、春と秋には夜間参詣が出来て、昼と夜の景観は全く異なり、人の目を惑わす匠の技が込められている。


どの庭も心が癒されますねぇ (´ ▽`).。o♪♪ ボケ~


一見、冒頓と無造作のようでありながら完璧な『美』を人の手によって作り出された『自然の美』を感じることができます 


さて、こんなイメージを彷彿する水槽を作ることができるのか?

( ̄ヘ ̄;)ウーン。。。


設置場所のラックを考えると、水槽は30cmサイズ。

箱庭的な感覚ですねぇ。

しばし、瞑想しましょう。

 "ノ(-________-;)ウゥーム・・・


↓こちらを両方ポチッと投票お願いします↓
 (*・人・*) にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
 


ankhbetta at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ギャラリー
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 無事に結ばれた2匹♡♪♡
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
  • 新カップルの同居生活の始まりです♥
BLOG RANKING
にほんブログ村